インプラントを受ける

インプラント希望の患者

インプラント治療後の患者へ

インプラントの手術が終わったからといって、すべてが終わったわけではありません。歯科医師は治療後の定期的な口腔内の調整やメンテナンス、患者の日常生活における食生活やブラッシングなどの指導を行います。定期的なメンテナンスだけすべてをカバーすることはできませんので、いろいろなトラブルが起こる可能性があります。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病と同じような歯周炎になることもあり、他の健康な歯に悪影響を与えることや、最悪除去手術に至ることもあります。ですから、手術後の生活やブラッシングについて、しっかり指導する必要があります。

インプラント治療を希望する患者

失った歯を代用する治療にインプラントがあります。近年になって注目を浴びるようになった治療法で、入れ歯のように出し入れするわずらわしさや、ブリッジのように健康な歯を削るといったデメリットがないので、治療を希望する患者さんも増えてきています。インプラントは顎の骨に結着して固定するので、ガタついたりすることもなくしっかり噛むことができます。自分の歯と同じように噛むことができるので豊かな食生活を送ることができます。もちろんメリットだけでなくデメリットもあるので、その点をよく理解したうえで検討することが大切です。

↑PAGE TOP